精力剤はどんな効果があるの?

精力剤はどんな効果があるの?

精力剤は、加齢で精力の衰えを自覚するようになった人が利用している健康食品の一種で、医薬品とは異なります。満足な成功をするためにその場でペニスを勃起させたいなら、バイアグラに代表されるED治療薬を服用した方がいいでしょう。

精力剤は配合されている成分の力で自力で勃起できるように取り組むことを目的に製造されているので、サプリメント同じように考えた方がいいかもしれません。

加齢で起こる血行不良は、精力が減退する主な原因です。通常なら、興奮した時にペニスの海綿体にある大量の毛細血管に血液が一気に集まり、勃起という現象が起こります。

しかし加齢で毛細血管にしなやかさがなくなったり、動脈硬化が起こっている人のペニスには、海綿体に血液が十分集まりません。体の老廃物が尿や汗などの形で排出されないまま血管の中に残留していることも身体のめぐりを悪くするので、血液が勢いよく流れにくくなるのです。

このような状況が続くと、性交中にペニスが萎える中折れになる頻度も増えていきます。つまり、年齢に起因する血行不良を何とかすることが出来れば、精力も高まり若い頃のように中折れもすることもなく、勃起力も取り戻すことができることになります。

効果が高いと評価されている精力剤には、アルギニンやシトルリンなどの血行促進作用のある成分がたくさん配合されています。アルギニンはにんにくの臭い成分の一種で、身体の中に入ると一酸化窒素を作り出します。

この一酸化窒素には血管を拡張する効果があるので、海綿体に血液を一気に集めるのに貢献してくれます。シトルリンはスイカから発見されたアミノ酸です。体の中に入るとオルニチン回路の流れでアルギニンを作り出します。

この2つの成分は相乗効果があるので、精力剤にはペアで入っていることが多いです。血流量を増やすことと同じように大事なのが、精巣で作られる精子の量を増やす効果です。

アルギニンには血行促進だけではなく、精子の量を増やして精力を向上させたり、射精時の勢いや一度に精子の放出される量を高めて勃起時のペニスを固くする作用もあります。

ミネラルの一種の亜鉛も精子の材料になります。亜鉛は牡蠣などの食品からも摂取できるものの、体内の吸収率がかなり低いので精力剤やサプリメントを飲んでおく方が効率がいいのです。

相乗効果のあるマカやクエン酸などが入っているといいですね。トンカットアリというハーブも精力を高めると言われています。